友人の結婚式に祝電を贈りました

友人の結婚式に祝電を贈ったのですが、いろいろな種類の電報があり驚きました。文作りにもいつも悩んでしまいます。

友人の結婚式に祝電を贈りました
友人の結婚式に祝電を贈りました

友人の結婚式に祝電を贈りました

以前、友人の結婚式に参加することが出来ず、その代わりに他の友達と一緒に祝電を送ったのですが、いまは色々な種類があり驚いたことを覚えています。紙や筒に入ったものだけではもちろん無く、電報と一緒に花やぬいぐるみが贈れることは知っていましたが、その種類もさまざまで選ぶのが大変でした。なかにはギフトカタログと一緒に贈れるものもあり驚きました。わたしはその友人のお祝い電報は友人が大好きなキャラクターのぬいぐるみが花婿と花嫁になっていてドレスやタキシードを着ているものにしました。とても喜んでくれ、会場にも飾ってくれたようなのでとても嬉しかったです。他の友人の結婚式に参加したときには、バルーンの電報も見ました。バルーンの中にはペアのぬいぐるみが入っているものや、ハートがたくさん浮かんでいるものなどがあって、それがあることで会場も華やかになっていて、かわいらしかったし、とてもステキで私も今度贈る機会があればバルーン電報も良いなと思いました。

また、どんな電報を贈るかでも悩んでしまうのですが、それよりも悩むのは電報に書く、お祝いの言葉です。結婚式だと親戚の方もいますし、文章はメールでいうようにラフすぎてもいけないような気もします。旦那様をないがしろにしないようにや、結婚式では使ってはいけない言葉もあるので、本当に文を考えるのには頭を抱えてしまいます。ネットで調べた電報の文例のままだけだとさびしいような感じもするので、文例を少し参考にしながらその友達とのエピソードも交えてよいお祝いの言葉になるようにいつも考えています。

私の結婚式は沖縄で挙げたのでこれなかった親戚や友人もたくさんいました。お祝いの電報がたくさん届いたのですが、それはとても嬉しいもので、そのぬいぐるみや、いただいたブリザードフラワーなどは今でも大切に飾っています。わたしも次に祝電を贈る機会があるなら、心にも残って、喜んでくれるものを贈ってあげたいと思います。

話題の結婚に関わる話は、このホムペでチェック